« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月30日 (水)

職場復帰したけれど

退院して二日経過した。

とりあえず会社に通ってるけど、二週間も怠惰な生活をしていたせいで調子がイマイチ。昨日は昼から頭が痛くなってきた(今日は大丈夫だったけどね)。
お腹の調子もイマイチ。何だか胃が痛い感じがする。これもじきに直るのかな?。

明日は退院後初の診察。症状が悪くなって無ければいいけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月)

退院

本日無事退院(入院期間は16日間)。とりあえず予定どおり。

この病院は、退院する人を一番風呂に入れてくれるみたい(ウワサで聞いていたけど、本当だった)。いつもはまとめてお風呂のアナウンスが入るのに、今日は個別にアナウンスがあった。お風呂に行ってみると一人しか居なかった。いつもはメチャクチャ沢山居るのに。

で、気持ち良く一番風呂に入らせてもらった後、入院最後の診察。特に問題ないですね〜と言われ、診察も終了。う〜ん、あっけない。

帰り際に請求書をもらって、清算を済ませた。これで事務手続きは終了。ちなみに今回の入院費用は約14万円(入浴費や食費等込み)。これ以外にガーゼやテレビカード等を購入するのに1万円程度使用したので、しめて15万円位かかったことになる。生命保険に入っているので、その給付金でトントンかな。

なお、本日の昼食まで料金に入っているみたいなので、それを食べ、看護師さん達にお礼を言ってから病院を後にしました。

さあ、明日から仕事だ。はぁ〜。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

もうすぐ退院なんだけど…

予定どおり明日退院。今日から詰め物となっていたガーゼも無くなり、後は退院するだけ。明後日から職場復帰となるわけだが、朝起きれるだろうか…。
なんせ約半月の間だらけた生活やってたから、社会復帰がちょっと心配。


まあそれはそれとして、完全(?)に元通りになるまで、退院後1.5〜2ヶ月位かかるとのこと。となると、(バイクは)早くて1月後半に復活ということになるかな。それまでバイクには乗れないことになる。
バッテリーは外しておけばいいとして、気になるのは2ヶ月以上エンジンに火を入れないってこと。オイルは新品にしてあるけど、たぶん落ち切ってるだろうなぁ。今までこんなに長い間エンジンに火を入れなかったことは無いもんだから、ちょっと気になる。
ガレージでエンジンをかけたいんだけど、とにかく爆音なもんだから、お向かいの老人が怒鳴り込んでくること必至。う〜む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

イビキ

入院中、二人部屋を一人で使用している。申し込みは大部屋でお願いしているのだが、たまたまこの部屋に入れたらしい。この時期は入院患者も少ないみたいなので、一人で使わせてくれたみたい。

退院まで後少し。最後まで一人だったらいいなぁと思っていたのだが、本日、検査入院(一泊)のおじさんが入ってきた。何となく嫌な予感がしていたのだが、やはりイビキおじさんだった。今も横でイビキをかいて寝ている。しかも、睡眠時無呼吸みたい。たまに30秒ほどイビキが聞こえなくなる。

調べて見ると、男性では20%の人がイビキかくらしい。妻に聞くところによると僕も疲れている時は多少イビキをかくらしい。

という訳で、今夜は安定剤(睡眠剤)をもらって寝ることになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院生活13日目

そろそろ退院予定日が近づいてきたなぁ…。と思っていたら、今日の診察の時に先生から「予定どおり退院できそうだね」と言われた。その後、看護師さんから退院時と退院以降の予定を教えてもらい、予定どおり28日に退院することがほぼ確定した。

まだ痛みも残っているけど、傷口も小さくなってきているみたいなのでもう暫くの我慢かな。約半月振りの社会復帰。出勤できるか心配。


昼飯を食べてから本を読んでいたら、V君とM.Esaki君がお見舞いに来てくれた。お久しぶりです。お見舞いの品として、DUCATIマガジンとミスドのドーナッツを持ってきてくれた。う〜〜ん、ドーナッツ…。非常に食べたい!。が、弱った胃腸にドーナッツは油っこすぎて下痢気味になってしまうので、今日は食べずに我慢我慢。せっかく買ってきてくれたのに、面目ないです。ドカマガはゆっくりと読まさせてもらいます。

二時間くらい四方山話をして、二人は帰って行きました。これからM.Esaki君用のPCを物色しに行くそうです。お疲れさま!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

今までのバイクライフを振り返って

入院中で時間がしこたまあるので、今までのバイクライフを振り返ってみようと思う。

初めて取得した免許は原付免許。高校卒業を一週間後に控え、今も良き友人であるV君と一緒に原付免許を取得した。自分は大学進学のため石川県の金沢へ行くことが決まっており、そちらでの足として原付を使用することを考えていたため。

初めて乗った原付は、母親が乗っていたスズキのバイク(だったと思う)。目一杯アクセルを回しても50km出るか出ないかといったバイクだったが、初心者には丁度いいバイクだった。その後、ホンダの初代Dioを購入し、大学の通学に使用していた。

大学に入学した年、姉が中型二輪の免許を取得し、ホンダのVT250FE(白/青)を購入。それに触発され、僕も中型二輪免許を取得することに。本当は普通免許を取得してから二輪免許を取得する方がお金もかからず効率的であったが、“学生身分で車のオーナーになれるわけが無い。バイクのオーナーにならなれる!”と、普通免許を取得せずにいきなり中型二輪免許を取得した(結局はその一年後に普通免許を取得することになるのだが…)。

さて、免許を取得したが肝心のバイクが無い、と思っていたら姉がVTをくれた。姉は150cm位の身長なので足付きの良いCBR250Rを購入するつもりであったらしく、運よくそのおこぼれに預かることができた。

VTを手に入れ、ここから僕のバイクライフが始まった。

当時(80年代後半)は大型バイクも珍しく、バイクと言えば250ccが主流の時代。車検の必要な400ccに乗っている人も少なく、今から考えれば非力なバイクでも結構楽しく走ることができたと思う。

そんなVTで、長期休みに名古屋(実家)〜金沢(大学)を往復するのが当時の楽しみだった。ブーツを履き、タンクバックを付け、タンデムシートにも荷物をくくり付け、デイバッグを背負ってロングツーリング気分でバイクに乗った。今から考えるとかなり大袈裟だったなぁ。

VTに2年ほど乗った時、いとこがVFR400R(初代プロアーム)を安く譲ってくれると言ってきた。400は車検があるからなぁと思いつつ、その話に飛びついた。

VFRは当時の最新の技術(プロアーム、カムギアトレイン、etc..)を投入したバイクで、とにかく速かった。VTとは比較にならない位の乗り易さで、とても楽しかった。

そんなVFRも車検の時期が近づいてきた。当時、オフ車にも興味があり、車検と同じくらいの費用でスズキのDR250(初代)が買えたため、いきなりオフ車に転向。う〜ん、浮気性だ…。今思うと、この頃から単気筒もしくは二気筒が好きだったように思える。マルチは振動が少なくてスムーズなんだけど、イマイチ“バイク”といった感じがしない。やはりバイクは振動がないとね。

で、DRを手に入れ、大学の友人等と林道へちょくちょく走りに行ったりした。結局、DRも大学を卒業する時に友人に売ってしまった。

大学卒業後、実家のある名古屋で就職。実家には姉のCBRが殆ど乗られることもなく放置してあったので、それを借りて乗り回していた。CBRは非常によく回るエンジンを搭載しており、モーターみたいだった。でも、トルク感があまり無くて、ちょっと寂しかったかな。

仕事の都合で2年程バイクに乗れない期間があり、そのまま結婚へ。この頃はあまりバイクに熱中していなかった時期であるが、バイクが欲しい旨を妻に話した処、なんとOKの返事。始めは125ccのスクーターを考えていたのだが、どうせならということで、ヤマハのMajesty SVを購入。

Majestyは発表された当時から気になっており、まさか自分がオーナーになるとは思ってもいなかった。当時は今みたいなスクーターブームがくる前であったため、乗っている人も少なかった。

Majestyには妻も乗りたい(もちろんタンデムシートに)と言ってくれ、夫婦でタンデムツーリングすることもあった。Majestyは荷物を沢山搭載することができたため、夫婦で一泊ツーリングなんてこともできた。今思うと懐かしい限り。

そんなMajestyも自動車に追突されて廃車に。幸い体の方は打撲のみで済んだが、バイクはボロボロ。しかし、事故相手に相談(?)して新型のMajestyを買わせ、またまた復活。新型はさらに格好よくなっていて、痛い目にあったけど結果オーライといったところかな。

この頃からツーリングクラブ★With the Wind★に参加するようになった。クラブと言っても、同じ高校の卒業生で作った身内の集まりで、同級生であるM.Esaki君に誘われてミーティングに参加したのがきっかけ。

この頃と時を同じくして、鞍掛峠も知ることに。

会社の同僚であるてらみつ君に誘われて、初めて鞍掛峠へ。この時、R1のおやじさん(当時はCBRのおやじさん)とCBRテツヤさん(当時はZZRテツヤさん)と初めて会った。

この時から鞍掛へはちょくちょく遊びに行くことに。と言っても、僕は少しだけ走るだけで、後は写真を撮ったりしゃべったりするだけなのだが。なお、僕が誘ったV君(当時はNSR)は鞍掛に大はまりで、その勢いで大型二輪も取ってしまった。

DUCATIと巡り合ったのも丁度この頃。

前出のてらみつさんの納車に付き合い豊橋の赤男爵へ行った時、そこで初めてMonsterを見た。僕は基本的にバイクの雑誌類は見ていなかったので、当時は既にメジャーなバイクになっていたMonsterを全く知らなかった(汗)。第一印象は“カッコイイ”の一言。まさに一目ぼれ状態。てらみつさんに聞くと、日進にDUCATIの正規ディーラーがあると言うので、早速遊びに行くことに。

店の名はモトプラン。店の中にはDUCATIが沢山置かれており、Monsterなら400ccもあると言われたのが運のツキ(?)。妻もMonsterを気に入ってくれたため、Majestyを下取りに出してMonsterを購入。当時、スクーターブームが始まったころであったこともあり、一年落ちのMajestyは新車購入時の値段と変わりない価格で下取ってもらえたのも運が良かった。

Monsterはもちろんマフラーを交換。定番のテルミニョーニに。これだけでかなり迫力のある排気音になった。僕はMonsterのスタイルとこの排気音に惚れたので、かなり満足していた。

そんなこんなでMonsterに乗り始め、快適なバイクライフを送っていた。ある時、仕事が一息ついたため、大型二輪の免許を取得するために何年かぶりに教習所へ通うことにした。この時は仕事の都合で茨城県に住んでおり、そちらの教習所へ通った。特にヘマすることも無くストレートで卒業。とりあえず免許だけ持っていようというつもりであったため、そのままバイクを変える事なくMonsterに乗り続けた。

大型二輪免許取得の1年半後、事故に遭ってしまいMonsterは廃車。体も痛めてしまった。この頃、妻が普通二輪の免許取得のために教習所に通っている最中。夫の事故にも左右されることなく、無事普通二輪免許を取得してくれた。

妻の夢は僕と一緒にツーリングに行くこと。何としても復活したい。DUCATIは高いから国産車の中古にしようかとも思ったが、やはりDUCATIがいい。この頃にS2R発売の知らせが入った。値段を確認したところ、思ったより安かったので直ちに注文。しかし、4ヶ月待った処で今年入荷する見込みが無いとの連絡が。どうしたものかと思っていたところに、S4の新古車の話があり、そちらにくら替えした。

S4が納車され、妻と一緒にツーリングに行った。これで妻の希望をかなえることができただろうか。これからも一緒に色々な場所へ走りに行きたいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

Nikon D200 Special Live

昨日・今日と、中日パレスでNikon D200 Special Liveという、D200の製品発表会が行われた。モーターショーに引き続き、入院中の身である自分は行くことができなかったが、知人が行ったようで、レポートを送ってくれた。

会場には朝から結構な人がきており、また会場が狭かったので結構待たされたようです。Liveメニューは以下の通りとのこと。

 (1)モデルさんを使った撮影体験
  (撮影体験のためにわざわざ16MBのニコン純正CFを配布)
 (2) 講演会
 (3) D200、18-200mmVRレンズ体験

使ったみた感想は、手に取った感じはD70をもう一回り大きくして高級にした感じ、D100に比べたら一回り小さい感じとのこと。また、シャッターを切った感じはD100によく似ていたそうです。ただ、性能は別物で、フォーカスも結構早いし、撮った絵もかなりいい感じ(写真はD200+18-70mmの組み合わせ)。

発売当初の売値はだいたい198,000円が相場みたい。ちょっと手が出ない価格だなぁ。

051123_02.jpg
【モデル撮影(知人が撮影)】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕日

だんだんと寒くなってきて、夕日が奇麗に見えるようになってきた。

入院している病院は街中にあるけど、建物の背が高いので屋上からは奇麗な夕日を見ることができる。今日は写真を撮ってみようと、16時30分位に携帯を持って屋上へ。ちょっと寒かった。本当ならD70で挑みたいところだが、入院中の身、携帯カメラでガマン・ガマン。

携帯カメラは強い光源(今日の場合は太陽)に向けると画面に水平なノイズが走るため、太陽が雲に少し隠れるのを待って撮影。うん、何とか良い感じの写真が撮れたかな。

撮った写真をZAURUSに取り込み、Visual Qでリサイズ&コントラスト調整して出来上がり〜。

051123_01.jpg
【病院の屋上から】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

入院生活10日目

今日で入院10日目。まだ傷口にガーゼが入ったままの状態なので多少の痛みがあるが、先生の話だと状態はいいみたい。

最近は、同じ日に入院した方とちょくちょく話をするようになった。その方もパソコンが趣味らしく、話が合うからかな。今日は昼近くまで世間話をしてた。

今日は妻の仕事が休みで、用事を済ませた後、16時位に病院にやってきた。普段は仕事が終わってからやってくるので19時位になってしまい、面会時間が終わる20時まで小一時間程度しか一緒にいられないが、今日はたっぷり話すことができた。

さらに、WTWの会長も顔を出してくれた。会社が病院の近くで、どうやら仕事中にきてくれたみたい。ありがとうです。これから22時過ぎくらいまで仕事だそうで、ご苦労様です。来年は沢山走りに行きましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

お見舞い

名古屋モーターショーに行けずにボ〜っとしてると、二等兵さんがお見舞いに来てくれた。彼の愛娘を連れて。

入ってくるなり、「ホイッ」とEIDENの紙袋を渡すので、中身を見るとPSP GIGA PACKが入ってた。お見舞いの品か?!と一瞬喜んだが、どうやら違ったらしい。当たり前か。あ〜、何だか僕もPSP欲しくなってきた。

久しぶり(夏のツーリング以来かな)に会って色々と話すこともあったが、話題は僕の病気のこと。二等兵さんの職場にも何人か同じ病気で入院した人がいたそうで、話を聞かせてもらった。

カレーが食べたいと言うので近くのCoCo壱番屋を教えて、帰って行った。無事たどり着けただろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第14回 名古屋モーターショー

名古屋モーターショーが開催されていた。

なにぶん入院中であるため見物に行くことはできなかったが、本日見に行ったR1のおやじさんとCBRテツヤさんから写真が送られてきた。雰囲気だけでも…と、うれしい贈り物。

051120_01.jpg
【Paul Smart】
051120_02.jpg
【Sportclassic】

次回は絶対に行きたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

入院生活7日目

今日で入院生活七日目。
状態も落ち着いてきて、毎日同じことを繰り返す日々となった。日々の主なイベントは以下。

 7時 起床(看護師さんによるガーゼ除去@ステーション)
 8時 朝食
 9時〜10時 入浴
 10時〜11時 診察@ステーション
 12時 昼食
 18時 夕食
 22時 消灯

上記以外は基本的にベッドに寝転んで本を読んだり音楽を聞いたりして、何も考えずにボ〜っと過ごしている。ガーゼ交換だけは3時間おきに実施。

社会に出てから、こんなに何も考えずに過ごす時間があるのは初めてで、うれしいようなつまらないような。でも、心身ともにリフレッシュされているのは間違いないと思う。

あと一週間、せっかくの機会なので思いっきりリフレッシュしようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

入浴

入院生活5日目(手術後4日目)
今日、入院して初めてお風呂に入ることができた。

朝、傷口に詰めてあるガーゼを取り除いてもらい、その状態で入浴。4日ぶりに頭と体を洗い、薬用湯へ。めちゃくちゃ気持ち良かった〜。ちなみに、初回の入浴で頭を洗ってはいけないと手引書には書いてあったけど、頭痛等が無ければOKとのこと。

入浴時に傷がしみるかと思ったが、以外と何とも無かった。入浴後、診察を受けて再度傷口にガーゼ挿入。

今は秋・冬だからそんなに汗をかいていないためまだましだけど、これが夏だったらどうなっていたことか。この時期に入院してよかった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

血圧

入院中と言うことで、毎日血圧計測されている。入院してからの数値は、上が120位、下が65位と、今までの記憶にない低い数値が続いている。

看護師さんに聞いた処、安静にしているところもあるけど、ストレスが少なくなっているせいもあるのではと言われた。確かに、今まで安静状態で計測しても、ここまで低くはならなかった。

それと、手術の際にした腰椎麻酔の影響もあるかもと言っていた。あまり明確にはなっていないが、腰椎麻酔で体質改善されるケースもあるらしい。

退院後、しばらく自宅で血圧計測を続けて見ることにしようと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院生活4日目

今日で入院生活4日目。術後の経過も良く、今のところ順調なのかな?

だいぶんと余裕もできてきたので、暇つぶしもかねてこれまでの経緯を。

入院生活初日[2005.11.13]
 13時45分に入院手続を行い、ちょっとした説明を受けた後、各自の病室へ。そこで着替えた後、看護師さんから問診を受けた。その後、患部周りの毛を看護師さんに添ってもらい、浣腸された。5分位我慢してから排便してね〜と言われたが、超辛かった。後は、翌日の手術のための準備で内視鏡検査とかをさせられた。内視鏡検査は噂で聞いていたより楽ちんだったかな。
 この日のイベントはこれくらい。夕食は通常食。21時以降は絶飲食なので、薬を飲んで早目に就寝。

入院生活二日目[2005.11.14]
 手術日当日。ということで朝食抜きです。腹減った〜。
 手術の時間は“午前中”ということだけで、詳細な時間は不明。仕方がないので、部屋で呼び出しがかかるまでボ〜としてた。10時30分位に順番がまわってきて、歩いて手術室へ。
 腰椎麻酔をかけられ、足が段々と冷たくなって行く感じがした。もちろん感覚は全くなくなった(自分の意志で動かすことはできるんだけどね)。
 かる〜く目隠しをされ、先生が登場し、なんだかカチャカチャと音がしてるなぁと思っていたら、「終わりました」のお知らせ。寝る暇も無かった。手術時間は20分程度かな?。先生が手術の概要を説明してくれた。
 病室へはストレッチャーに乗せられたまま移動(歩けないから当たり前か)。
 麻酔の副作用が出るといけないので、頭を起こしてはダメとのこと。点滴を何本も打たれつつ、ベッドで横になってるとだんだんと腰が痛くなってきた。そうこうしているうちに腰椎麻酔も切れてきて、足の感覚が戻ってくると患部の痛みもじわじわと出てきた。看護師さんを呼んで痛み止めの薬をもらい、ちょっとは楽になったかな。腰は姿勢を変えることで何とか凌げるようになった。は〜、大変だ。
 ちなみに御小水もベッドに横になったまま尿瓶で済ますように言われたが、寝たままだとうまく出ない。看護師さんにその旨を話したら、立ってしても良いよ〜と言われた。少しくらいなら頭を上げてもいいみたい。立ってすると大量の御小水が尿瓶に流れていった。
 この日の夕食は流動食。ストローを使って飲むだけのもの。かなり寂しいけど仕方が無い。
 ということで、この日はテレビも見てはダメと言われているので、速攻でオヤスミです。

入院生活三日目[2005.11.15]
 この日から、ほぼ通常の入院生活へ。三食とも普通食です。
 午前中に先生の診察があり、特に問題なし。順調とのこと。ガーゼが変なところに付いているといわれたが、それは看護師さんがやったこと。ちゃんとお願いしますね〜。
 この日も基本的には安静にしていなければならないので、一日中部屋でぼ〜っとしてた。昼からは妻が見舞いに来てくれて嬉しかった。久しぶり(と言っても二日ぶり)に二人きりになれたのが嬉しかった。やはり家族が一番。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

入院

今日から約2週間、外科治療のため入院します。例の病気(ミーティングや前回のツーリングの時に話していた病気)の治療です。

と言う訳で、しばらく音信不通状態になるかも知れません。元気があったら病院から発信できるかな?。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

ショッキングな出来事

今日、会社で僕の向かいに座っていた人が亡くなった。自殺したらしい。

今まで一緒に仕事をしたことは無かったが、向かいの席ということもあり、たまに会話を交わすことがあった。昨日までそこにいた人が居なくなってしまった。

これは今日知ったことなのだが、その人は鬱病だったらしい。情けないことに、全然気が付かなかった。一年くらい前から精神安定剤を常用していたと、周りの人から聞いた。確かに、言われてみるとやけに大声でしゃべったりしていたのを思い出す。現場の人だから元気が良いのだろうと思っていたが、どうやら病気のせいだったらしい。

以前からその人の病気のことを知っていた人は上司に色々と相談していたみたいだが、それもうまく機能していなかった模様。なぜ産業医に相談することを勧めなかったのか、などなど、今から思うと悔やまれることばかり。

彼はなぜ会社を休まなかったのだろう。会社がそれを認めなかったからか?。それとも本人の意志か?。

とにかく、亡くなってしまった人はもう戻らない。他にも同じ状況で悩んでいる人はいないか?。そんな思いが止まらない。鬱病はこわい病気であることを、思い知らされる出来事だった。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年11月10日 (木)

祝!ココログ一周年

ココログを始めて今日で一年経ちました。

最初は一カ月続けばいいかなぁと、軽い気持ちで始めたのですが、一年も続いてしまった。今のところ続けることが苦痛になっていないので、しばらく続けようと思う、今日この頃です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

ニコンデジタル一眼レフカメラ用 Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL3不具合

ニコンデジ一眼用バッテリーの不具合情報。
新品に交換か!と調べてみたが、残念ながら僕のロットは大丈夫だった。

リンク: EN-EL3不具合について

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

試乗

S4のオイル交換時期がやってきたので、懲りずにMOTOPLANへ。

オイル交換&クラッチの点検をしてもらっている間に、TRIUMPHに試乗して時間をつぶしてました。今回試乗したのは以下の2車種。

BONNEVILLE T100
ROCKET III

BONNEVILLEは思っていたよりトルクもあり、ポジションも楽チンなのでのんびりと走るのに向いていそう。バイクに乗ること自体を楽しむといった感じ。次はこんな感じのバイクでもいいかなぁと。

ROCKET IIIは3気筒2300ccの超大型エンジンを搭載しており、まさにトルクの塊といった感じ。車重が320kg(乾燥)と、超重たいのも走り始めてしまえば全然気になりません。どこからでも加速するぞ!といった迫力のエンジンですね。でも、街中では乗りたくない一台かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

デジタル一眼レフカメラ「ニコンD200」の発売について

ついに出るみたい。待ちに待ってたけど、20万円は出ないなぁ…。

Nikon | ニュース(報道資料):デジタル一眼レフカメラ「ニコンD200」の発売について.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »